ドコモの650円スマホ発売でも結局は格安スマホの方が安い?

ドコモの650円スマホ発売でも結局は格安スマホの方が安い?

NTTドコモはオリジナルブランドのスマートフォン「MONO(モノ)」を発売して1年間の端末使用を前提にした割引の適用で650円で購入できるというプランを作ったいみたいですね。

まあ、あれだけ格安スマホの勢いが優勢になってくれば危機感を感じるのは当然でしょうかね。むしろ遅すぎるくらいかなという印象ですね。

ただドコモは高い印象があるので、いっそのこと別会社を作って大規模な格安スマホのブランドを作ってしまったほうがいいのではないかと感じます。

どちらにしてもソフトバンクの「ワイモバイル」や楽天などの勢力を伸ばしている格安スマホブランドには勝てないかなという印象でですね。

今回の「MONO(モノ)」では月額1200円(税別)で通話し放題となる新料金プランを発表しており、来プランより1000円安く設定しているみたいです。

また相変わらず2年契約が条件になっていますね。この契約縛りがあるから売れないのでは?と思うのは私だけでしょうかね。

また月額料金を少し安くしているみたいですが、それでも格安スマホの方がかなり安くなっているので、焼け石に水という感じがしますね。

どうせなら格安スマホ並みの格安プランを用意すればいいのにと思います。

そもそも端末を安くしても効果はなく、料金プランを安くしないと意味がないと思うのは私だけじゃないと思います。精力剤ランキング


Comments are closed.